講演会を開きます

第95回小石川植物園市民セミナーのお知らせ

第95回小石川植物園市民セミナーを下記の通り開催いたします。今回は理化学研究所の岩瀬哲博士を講師に迎え、植物の分化全能性についてご講演いただきます。発生生物学では、どの細胞にも分化できる潜在能力のことを分化全能性と言います。動物でも植物でも受精卵は分化全能性をもっていますが、動物細胞の場合は分化が進むと分化全能性が失われていき、特殊な操作を施さないと分化全能性を取り戻させることができません。これに対し、植物細胞は分化後も分化全能性を保持しており、例えば傷害などのストレスに応じて、容易にこれを発揮します。葉の細胞1つから植物体全体を再生させられるのも、分化全能性によります。本講演では、植物の分化全能性の研究で最近目覚ましい活躍をされている岩瀬博士に、身近な再生現象との関わりから、分子メカニズムの最新の知見まで、分化全能性の全てを熱くお話しいただきます。小石川植物園後援会会員や東京大学関係者に限らず,どなたでもご参加いただけます。皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

参加ご希望の方は、4月17日までに、往復葉書または電子メールにて後援会事務局(住所とメールアドレスはこのページ最下段)までお申し込み下さい。抽選で受け付けを行い、4月20日頃までに返信葉書ないし返信メールで抽選結果をお知らせいたします(定員45名、2〜3倍の倍率が見込まれます)。抽選の都合上、連名ではなく、お一人ずつのお申し込みをお願いいたします。


              

日時: 平成29年5月6日(土)13時30分〜15時30分

場所: 東京大学大学院理学系研究科附属植物園小石川本園(小石川植物園) 柴田記念館

参加費: 無料(一般の方は入園に際し入園料が必要です)

講師: 岩瀬 哲 博士(国立研究開発法人 理化学研究所 環境資源科学研究センター)

演題:「傷口から蘇る 〜植物の分化全能性の科学〜」

今回は「国際植物の日」参加イベントとしての開催です。

【参加申込先】
〒112−0001 東京都文京区白山3−7−1
東京大学大学院理学研究科附属植物園内 小石川植物園後援会
電子メール:koishikawa-koenkaiアットマークkoishikawa.gr.jp
(送信の際には「アットマーク」を「@」に直してください)


トップページに戻る