植物園だより


12月20日、腐葉土づくりのための落ち葉集めが、植物園の職員、関連研究室の学生、ボランティアグループ(樹木環境ネットワーク協会、文京区緑化生ゴミグループ)の皆さん総出で行われました(小石川)。



集められた落ち葉は1ヶ月半寝かされた後、2月6日に水をかけ踏み固めながら高く積み上げられました(小石川)。しばらくすると上質の腐葉土ができあがり、様々な植物の育成に使われます。

春の訪れとともにウメシナマンサク(3.9撮影)、トサミズキ(3.22撮影)などの花が咲き、植物園も彩り豊かになってきました(小石川)。サクラ林もほんのり色づき、花芽が日1日と膨らんでいます(3.22撮影)。


いよいよサクラ(ソメイヨシノ)が見頃を迎えました(小石川、3.27撮影)。


満開のサクラ林に雪が舞う、ちょっと珍しい光景です(小石川、3.31撮影)。



5月9日、毎年恒例の鉢出し作業(温室の鉢物を外へ出す作業)が、植物園の職員、関連研究室の学生の皆さん総出で行われました(小石川)。これらの植物は夏の間屋外で栽培管理されます。


9月11日、台風15号直撃。台風が通り過ぎた直後の惨状です(小石川)。

鉢物も軒並みなぎ倒されて・・・ではなく、これは台風に備えて予め地面に寝かせた様子です。

B



トップページに戻る