表紙の解説

冬の日光植物園

今年は例年になく雪が多い冬になりそうです.雪は,地表面を覆って土壌温度の低下を緩和するため,地中で冬越しをする植物にとってはありがたい存在です.しかし日光植物園のあるところでは,気温が-10度を下回ることもあるのに積雪量があまり多くありません.そのため,高山植物を守るために,ロックガーデンでは雪の代わりに落ち葉で地表を覆っています.写真は芝生広場から見た実験室です.建物の背後に女峰山が見えます.(2003年3月7日 撮影)